刑事事件に対する考察と相談

飲酒運転は事故を起こさずとも逮捕の可能性有り

2016/09/29

当然のことですが、車を運転する時にはアルコールを摂取してはいけません。アルコールを摂取して運転した場合、飲酒運転となり場合によっては刑事事件となり逮捕されることがあります。アルコールの影響でまともに運転を出来ない状態のことを酒酔い運転といい、アルコールの検知濃度は関係ありません。

そしてもうひとつ、酒酔い運転よりも罰則が軽いアルコール検知濃度により判断される酒気帯び運転があります。例えばシートベルト違反やスピード違反などの場合は、罰金や減点などで済みますが飲酒運転の場合は他の交通違反とは異なっています。特に最近は飲酒運転への罰則が厳しくなっています。

例え飲酒運転をしていても、人身事故などを起こしていないから逮捕はされないと思っていたら大間違いなのです。以前にも同じ様に飲酒運転をしている場合や他に何か前科がある場合は、罰金刑ではなく実刑判決となる可能性が十分にあります。

まだまだたかが飲酒運転と軽く考えている人が多いのが現実です。初めてなどの場合、確かに罰金刑だけで済む可能性は高いですが軽く考えてはいけません。弁護士であっても罰金刑だけで済むとも100%は言えないのです。

免許を取ったら飲酒運転をすれば必ず逮捕される、その位の気持ちで絶対に飲酒運転はしないようにしなければいけません。酒酔い運転、酒気帯び運転どちらも事故を起こしていなくても逮捕される可能性があるという事を肝に銘じておきましょう。